「3 月のライオン」の第 20 期獅子王戦の日程

「3 月のライオン」(羽海野チカ)第 4 巻 Chapter 35「水面」46 ページ 4 コマ目に、第 20 期獅子王戦の日程が書かれています。

「3 月のライオン」の第 20 期獅子王戦の日程
局数 日程 開催場所 開催県
1 3/3,4 龍山荘 東京都
2 3/10,11 松木荘 長野県
3 3/19,20 全航ホテル 徳島県
4 3/25,26 京都第二ホテル 京都府
5 4/2,3 九州白泉ホテル 福岡県
6 4/9,10 天童流々館 山形県
7 4/17,18 箱根北武ホテル 神奈川県

第 4 巻 Chapter 37「奔流」76 ページ 4 コマ目で島田開は「うん 今週末から徳島だからな」と言い、カレンダーが描かれています(初版)。

3 月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18
徳島
19
20
21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

対局は 19,20 日なので 18 日から 3 日間「徳島」とあるはいいのですが、どう考えても水曜日は週末ではないので、何らかの用事があって週末から徳島へ行くとすると、この日は 9 日の週で出発日は 14 日(土)と思われます。

ここで、島田が徳島へ出発する前の数日間を調べてみます。

島田が徳島へ出発する前の数日間
日数 出来事 開始ページ 終了ページ
1 零が香子と会い、ひなに重箱を渡される 47 69
2 零が香子を見送り、学校の後、島田の家へ行く 70 82
3 零が学校の後、1 人で島田の家へ行く 83 89
4 島田出発 - -

74 ページと 76 ページで日付が変わっている可能性もありますが、島田・桐山・二海堂・重田の服装が同じなので、同じ日としました。

上のカレンダーから、表の 1 日目は 11 日になり、獅子王戦第 2 局 2 日目であることが分かります。

零が香子と会ったのは 11 日の午後と思われ、その頃には第 2 局も終盤、場合によっては終了していたはずですが、第 4 巻 47 ページ 1 コマ目に「島田開八段 獅子王戦 七番勝負——第一局 百十四手目にて投了」とあり、時期外れなナレーションになっています。

余談ですが、零が 11 日に借りた重箱を第 4 巻 Chapter 38「経る時」99 ページ 4 コマ目の第 3 局 2 日目である 20 日にひなが取りに来るまで返しに行っていないのは、どうかと思います(笑)。

最後に、第 4 巻 Chapter 39「夜を往く」113 ページ 1 コマ目で桐山が「4 局目は 5 日後です」と言っていることから、この日も 20 日になってしまい、島田は徳島にいるはずです(初版)。

リンクはご自由にどうぞ。以下をご利用下さい。
<a href="http://www.loc-lion.com/">「3 月のライオン」棋譜・盤面の解説とロケ地</a>
<a href="http://www.loc-lion.com/shishio20-schedule.html">「3 月のライオン」の第 20 期獅子王戦の日程</a>